トップとダブリを直す打ち方


1.トップを直すには「右手で片手打ち」の練習をすると良い

トップが出やすい人は「右手で片手打ち」の練習をすると効果的です。

トップがよく出る方は、右手1本で打つとボールに上手く当たってくれるはずです。反対に左手1本で打つとトップが出てしまうのではないでしょうか。

これは、左手に力を入れすぎてしまっているために起こることが多いと言われています。

このように左手に力を入れすぎてしまうと左肩が下がってしまうので、体が前に突っ込んでしまって、スイングの軌道がちょうど最下点にくる手前でクラブフェースがボールに当たってしまうためです。

また、スライスを直したい人は、右手1本で片手打ちをする時に、空いている左手をポケットの中に入れて練習すると効果的です。

2.ダフリを直すには「左手で片手打ち」の練習をすると良い。

ダフリが出やすい人は「左手で片手打ち」の練習をすると効果的です。

ダフリがよく出る方は、左手1本で打つとボールに上手く当たってくれるはずです。反対に右手1本で打つとダフリが出てしまうのではないでしょうか。

これは、右手に力を入れすぎてしまっているために起こることが多いと言われています。

このように右手に力を入れすぎてしまうと右肩が下がってしまうので、体が開いてあおり打ちになってしまって、ボールのかなり手前の位置がスイングの軌道の最下点になってしまい、地面を叩いてダフってしまうケースが多いためです。

ダフリを直す時はトップの時と反対に、左手1本で片手打ちをする時に、空いている右手をポケットの中に入れて練習すると効果的です。


ゴルフ上達のためのリカバリー法を確認する ⇒ ドライバーのスライス対処法