傾斜から上手に打つ方法


1.つま先下がりの打ち方
このライの打ち方ではボールがスライスしやすいので、少し左側を目標にして振っていくことが望ましいです。 つま先下がりの構え方は、まず前傾姿勢にして下半身を安定させておくことが重要です。スタンスは肩幅よりも広くしましょう。そして膝を深く曲げて重心を下げどっしり構えましょう。また、体重はつま先側に乗せておきましょう。

2.つま先上がりの打ち方
このライではバランスを崩しやすいので、下半身の構えを崩さないことが大切です。かかと側に体重をかけ、しっかりバランスを取って後ろ側に倒れないようにしましょう。 つま先上がりのライではクラブ短めに持って膝をあまり曲げないように構えて振っていきましょう。このライではボールが左に出やすいので、スタンスの方向をしっかり確認することが重要です。

3.左足上がりの打ち方
左足上がりのライは、ボールがフックしやすいライでもあるので、スタンスは少し右側を向いて構えると良いでしょう。また、スイングは、基本的には、斜面通りにスイングし、コンパクトに振っていくと良いでしょう。構え方は、斜面が低い側の足に体重をかけ、肩のラインと斜面を平行に構えポールを真ん中におきましょう。

4..左足下がりの傾斜の打ち方
ゴルフコースに出れば、必ず斜面から打たなければいけない場面があるはずです。 傾斜からの打ち方で需要のことは次の二点です。左足上がりや左足下がり、 このような左右の傾斜については、傾斜が低い方に体重をかけるようにしましょう。 反対に、つま先下がりやつま先上がりといった前後の傾斜の場合については、 傾斜が高い方に体重をかけるのが一般的です。 スタンスは、下半身を安定させるためにいつもより足を広げてオープンに構え、ボールを真ん中よりも右側に置きましょう。 このライからの打ち方は、前傾姿勢を保ったまま、コンパクトに振っていくことが大事です。また、ロフトの大きいクラブを選択することも大事です。


ゴルフ上達のために傾斜からの打ち方をチェックする ⇒ 複合傾斜からの打ち方上達法1