ショートパットを克服する方法1


1.体の左サイドを使ってカップの奥を狙って強めに打つのが攻略法
1メートル以内のショートパットの場合、このような距離なら簡単にカップインできると思われるかもしれません。ですが、予想以上にこの距離を外しているものなのです。この外している原因の1つがヘッドアップです。

ショートパットではボールの行方が気になりどうしてもボールを追って顔が上がってしまいがちです。顔が上がってしまうとクラブフェースがボールに対してスクエアにヒットしなくなるためラインから外れ、結果的にカップインする確率が低くなってしまいます。

ヘッドアップしないためには、体の左サイドをうまく使うことが有効です。左足にウエイトをかけ、左目の下にボールを置き、ラインを確認する時には左目を使います。そしてカップインした時の音を聞く時は左耳を使いましょう。右目を使ってラインを読んだりボールの行方を追ったりすると顔が上がりやすくなるため、体の左サイドを使っていきましょう。

2.カップの奥に当てるつもりで強めにヒットする
ショートパットは、カップの奥にぶつけるつもりで強めに打つくらいの気持ちが大切です。ボールの球筋が強くなると、直線的に転がりやすくなるため、カップインする確率も高くなります。また、もしファーストパットの後に、残り距離が1メートルも残っていなければ、身体にリズムの残っているうちに、「お先に」と言ってセカンドパットを打たせてもらうこともカップインする確率が高くなる要因です。


ゴルフ上達のためにパッティングを攻略する ⇒ ショートパット攻略法2