バンカーから上手に打つ方法


1.グリップがとても大切
バンカーからの打ち方ではグリップがとても大切です 基本的なグリップの握り方は、普通のショットとは違い、若干短く握ります。 クラブフェースのエッジ部分はおおよそ、1時の方向に向けて開きます。 この開いた状態からグリップを握りましょう。 これは、クラブのバンスを使ってボールを脱出させるためです。

2.オープンスタンスで構える
バンカーショットではオープンスタンスで構えます。 クラブのエッジ部分が打ちたい方向に向いて構えることができるように足を開くように しましょう。 ボールの位置は、左足のかかとの前に置く 体重は、目標方向の足にかける。 おおよそ、目標方向の足に6、後ろ側の足に4の割合が目安です グリップはハンドファーストではなく、身体の中央の位置に構えると、スイングの時に グリップが先行しないため、フェースが立たずにボールが高く上がって脱出しやすくなります。

3.スイングは、構えた通りに振り抜く
スイングは、構えた通りに振り抜きましょう。 フェースを開いていますが、オープンスタンスで構えているので、クラブが引っかからず 振り抜きやすくなっています。 ヘッドを落としていく位置は、ボールの後ろ2センチから5センチ位手前を目安に しましょう。 そしてボールの下の砂をクラブフェースで取るようなイメージで打っていきます。 そのようにスイングしていくと、ボールは高く上がり、少しバックスピンのかかった状態で 脱出できます。

注意点としては、ボールを脱出させたいあまりに、後ろに体重をかけて構えないように することです。右足体重で構えると、右肩が下がるため、スイング時にクラブがかなり手前 に入り、ダフってしまうためです。


ゴルフ上達のためのリカバリー法を確認する ⇒ バンカー(目玉)の打ち方上達法