深いラフからアイアンを使って上手に打つ方法


1.脱出することを最優先に考える
深いラフからのアイアンの打ち方として重要なことは、プロゴルファーでもうまく打てる確率は低いということを知っておくことです。まずは、飛ばすことを考えるよりも脱出することを最優先に考えましょう。 また、芝が順目なのか逆目なのかを見ることも大切です。 逆目も場合は、芝の抵抗も大きくなり、飛距離をロスしてしまうため、 まずは短めのクラブを使ってフェアウェイに出すことを最優先に考えましょう。 ボールが芝に隠れてしまうほど深く沈んでいる場合は、これはもう仕方がないです。 アマチュアの方は出すことだけを考えて下さい。使うクラブは、 9番よりロフト角度が大きいピッチングなどのクラブを使うと脱出しやすくなります。

2.クラブフェースを若干かぶせ、クラブは縦方向に下ろして振る
構え方としては、まずは左足にウエイトをかけ、ボールは、両足の真ん中よりも ボール1個分右足よりに置きましょう。左足に体重をかけたままの状態でバックスイングし、クラブは上から縦方向に下ろしていくイメージで振っていきます。 ラフが深いとフェースが芝に引っかかってしまい、フェースが開いた状態でボールに 当たってしまう可能性があるため、フェースは若干かぶせるようにしてスイングします。 また、スイングする時の手首の使い方は、通常のスイングと違い、手首を返さないでクラブを振っていきましょう。


ゴルフ上達のためのリカバリー法を確認する ⇒ ディボット跡からの打ち方上達法