複合傾斜から上手に打つ方法2


複合傾斜のボールの打ち方(つま先下がり+左足下がりのライ)
つま先下がり+左足下がりのライでも、つま先上がり+左足上がりと同様に、積極的に体重移動を行うと体のバランスが崩れてボールを上手くインパクトできなくなるため、下半身を安定させ、スタンスは肩幅よりも広く構えるようにします。 そして、両膝を深く曲げて、お尻落として重心を下げるようにしましょう。 立ち方は、傾斜に対して、垂直に立つようにして、体重が右足に乗るようにします。 グリップは、ボールの位置が通常よりも遠くにあるため、少し長めに握りましょう。 ボールの位置は、地面に対して垂直に立っているため、中央に置きましょう。

スイングでは、クラブヘッドを斜面に対して低く長く出していくために可能な限り右膝を左膝に近づけるようにして振っていきますが、その際に両足のかかとが浮かないようにできるだけ抑えて打つように心掛けましょう。両足をべた足のまま振っていくイメージを持ってスイングするとボールをしっかり捕られるでしょう。

このライでは、ボールは上がりにくく、スライスが出やすいため、グリーンまで距離が残っていても積極的に狙わずに、自分の得意の距離を残せる位置まで確実にレイアップすることをお勧めします。 また、このライでもつま先上がり+左足上がりと同様に、素振りを数回行い、ゴルフクラブがスムーズに振れる状態をしっかり確認しておくことも重要です。 そのため、素振りを何回か行い、自分が思い描いているイメージ通りのスイングができているかを確認しておく必要があります。


ゴルフ上達のためにパッティングを攻略する ⇒ パッティングの握り方