複合傾斜から上手に打つ方法1


複合傾斜のボールの打ち方(つま先上がり+左足上がりのライ)
つま先上がり+左足上がりのライでは、体重移動を行って通常のスイングで振っていくと、体のバランスが崩れてボールを上手くインパクトするのが難しいため、積極的には体重移動はせずに、まず下半身をしっかりと固定させてスイングをするようにすることが大切です。

ボールを置く位置ですが、傾斜からのショットは、体とボールとの距離が離れれば離れるほどボールが左側へ出やすくなるため、できるだけ体とボールの距離を狭くして打っていきましょう。クラブの握る位置ですが、いつもより少し短めに握るようにすると飛距離は落ちますが、ミート率がアップしてスイングが安定します。

スイング時は、体の回転を無理に使わずに、左足の軸で回転するようなイメージで振っていくようにすると、体の上下動が抑えられて安定したスイングになります。 また、傾斜に対してクラブがスムーズに通る道をしっかり作っておくことも重要です。 そのため、素振りを何回か行い、自分が思い描いているイメージ通りのスイングができているかを確認しておく必要があります。

傾斜からグリーンまで十分に距離が残っている時は、無理にグリーンを狙うよりも、自分の得意な距離を残す地点までレイアップしていきましょう。


ゴルフ上達のために傾斜からの打ち方をチェックする ⇒ 複合傾斜からの打ち方上達法2