スイング中は頭は上下左右に動く


スイング時の頭の動き
頭は動かさないようにスイングするようにとよく言われますが、実は頭は上下左右に動いているものです。 スイングには体重移動が必要なため、むしろ頭を動かさないとスムーズにスイングできません。

1.インパクトで頭は右に動く
スイングでは、左足を軸にして上体を捻転させていくため、上体が多少沈みますが、その際に、少しだけ頭が右に動きます。インパクト時に頭が右に動く理由は、右足から左足に体重移動する際に、上体がこの動きに反発して、お互いが引っ張り合って力を伝えようとするためです。

2.頭は数センチ沈む
スイングの際に、前傾が深くなりますが、そうすると、懐が広くなるため、クラブがスムーズ振れる通り道ができ、スイングの方向性が良くなるメリットがあります。 そのスイングですが、インパクトに向けて、右足から左足に体重を移すのですが、その際に左足を踏み込んでいきます。そして左股の関節を中心にして身体を回転させていくので、その時に左股の関節を内側に曲げていくような動きをするため、前傾姿勢となり、頭が数センチ沈みます。

3.肩は水平に保つ
ここで重要な点は、肩の高さを水平に保つよう意識することです。左肩よりも右肩が下がるのは当然の事なので、100%水平にすることは難しいですが、身体が突っ込むことによるミスを防ぐ効果があります。


ゴルフ上達のための様々なゴルフ練習法を学ぶ ⇒ ゴルフ練習法1(自宅)