ロングパットを上手に打つ方法


ボールの後ろから目標を確認する

ロングパットを打つ時にとても大切なことはボールからカップまでのラインを読むのに、ボールの後ろに立ってラインを確認することです。

カンで寄せられる方もいるかもしれませんが、さすがにカンだけで毎回同じように寄せていくのは難しいものです。

ボールの手前に立ってカップまでのラインを確認する癖をつけるとパッティングがかなり上達します。

パッティングにおいては、このように後方からラインを眺めることで、芝目や傾斜がどのようになっているかがよく見えるためです。

もし、周りの状況を確認する余裕のある方は、グリーンに登る前からボールの位置に行くまでに、グリーンを眺めて傾斜の状況を確認しておくと効果的です。
カップの手前1/3のラインをよく確認する

ラインを読むのにとても重要なのがボールからカップまでの距離のうち、カップの手前3分の1のラインです。

その理由は、ボールを打った後、打ち出し後はボールに勢いがあるため、多少の芝目や傾斜は問題なのですが、ボールの回転に勢いがなくなると芝目や傾斜の影響を受けるためです。

このラインを確認しておくのとおかないのでは、ボールをカップに寄せるのに雲泥の差があります。

残り3分の1のラインを把握しておけば、難しいラインであっても自分が思った通りにボールを寄せやすくなるでしょう。


ゴルフ上達のためにパッティングを攻略する ⇒ パッティングの傾斜を掴む方法