ロブショットの上手な打ち方


1.ロブウェッジかサンドウェッジを使用する
ロブショットには、サンドウェッジのようなバウンス角の大きいクラブよりも、バウンス角の小さいロブウェッジの方が成功の確率は高くなります。まずは、ロブショットの打てるライなのかを確認する必要があります。ボールの下にクラブが入る隙間があるかを確認しましょう。地面が固く、芝のないライからは成功する確率が低くなりますので、避けた方が無難です。

2..ボールはスタンスの中央に置く
ロブショットの打ち方は、まずクラブフェースを開き、フェースが上を向いた状態にします。そして、スタンスは広めにしてオープンスタンスで構えます。ボールはスタンスの中央に置きます。ボールをスタンスの中央より左側に置いた方がボールを高く上げられると考えている人がいますが、ボールが左側にあることにより、体の軸をそれだけ左側に移さないといけないため、腕が前に出る動きが加わり、トップするなどのミスに繋がってしまいます。

3. 手首はあまり使わずに、角度を保って打つ
ロブショットでは、手首 の角度を保ったまま、手首をあまり使わないように打っていきます。手首の角度を変えることによって、ボールの高さやショットの距離が変わってしまうため、同じ振り幅で同じ距離を打つためには、手首を固定しましょう。この時に右手のグリップを若干強めに握ることがポイントです。そして、バックスイングは小さくしすぎるとショートしてしまう確率が高いので、大きめにしてゆっくりと振っていき、最後のフォロースルーも腰の高さくらいまで振っていくようにしましょう。


ゴルフ上達のために傾斜からの打ち方をチェックする ⇒ 傾斜からの打ち方上達法