自分に合ったパッティングのグリップを確認する


1.パッティングの握り方

パターの握り方で一般的なのが、「逆オーバーラッピング」です。

この握り方の他に、「オーバーラッピング」、「ベースボール」、「クロスハンド」といった握り方があります。

「オーバーラッピング」は、グリップから右手の小指を外す握り方です。

「ベースボール」はその名の通り、10本の指でグリップを握る方法です。

「クロスハンド」は、オーバーラッピングの握り方の左右の手を逆にする握り方です。

2.初心者には「逆オーバーラッピング」がオススメ

「逆オーバーラッピング」は、左手の人差し指を右手の上に持ってくる握り方です。

この握り方は右手の指全てグリップを握るため、右手の感覚をクラブに伝えやすく、初心者の方にはこの握り方をオススメします。

ですが、パッティングはとてもデリケートなため、自分のフィーリングが一番伝わりやすい握り方が良いので、このグリップがしっくりこない方は他の握り方を試してみて自分に合うグリップを選択されるのが最善だと思います。

3.柔らかく握る

グリップを握る時に注意する点としては、グリップは柔らかく握るということです。グリップを強く握りすぎると、自分が思い描いた感覚を手とクラブに伝えにくくなります。

また、クラブフェースもブレやすくなるため、自分が打ちたい方向に上手く打ち出せなくなってしまいます。

そのため、通常のグリップの10分の3程度の強さで握ることをお勧めします。感覚としては、ひよこを握るくらい強さがちょうど良いと言われています。


ゴルフ上達のためにパッティングを攻略する ⇒ パッティングの姿勢