フェアウェイウッドでスライスしない打ち方


フェアウェイウッドのスライス対処法
フェアウェイウッドを使うことでスライスの起こる原因としては、ボールの近くに構えすぎてしまったことによりインパクトの時点で身体が上に伸び上がってしまうことや、力み過ぎてスイングのバランスを崩してしまったりすることが考えられるため、構え方がポイントとなります。 まず、フェアウェイウッドの構え方は、背筋を伸ばして、胸を張り、グリップエンドの位置は、横から見た時に肩のラインの真下にくるイメージで構えましょう。

構え方で重要な点は、前傾角度を保つように心掛けることです。そのために、背中を丸めずに胸を張り、お尻を突き出し、そして、腰と両膝が地面と並行になるようにして、できるだけ身体が上下しないように構えるようにしましょう。 身体が両膝と腰を地面と平行に構え、体重を左右5対5の配分で構えることも重要です。無理に打ち込もうとすると、膝が前に出てしまったり、バランスを崩してしまったりするため、可能な限り体が上下に動かないように構えましょう。

バックスイングでは、右肩を後ろに引くイメージで引いていきます。これは肩の回転をスムーズにする効果があります。 バックスイングでは、手でクラブを上げないように左肩を後ろに引くイメージでバックスイングし、トップを作ってみて下さい。 この方法でトップまでクラブを上げていくと、ダウンスイングに入る軌道がとても緩やかになります。 下半身を主導としてダウンスイングに入ることができるため、スライスの可能性をできるだけ軽減することができるようになります。


ゴルフ上達のためのリカバリー法を確認する ⇒ バンカーの打ち方上達法