自宅で上達する練習法2


1.ヘッドアップを克服する
パッティングではフィニッシュまでアドレス時の頭の位置が同じ位置にあるのが理想です。 ヘッドアップしてしまうとストロークがブレるのでダフリやトップする原因になります。 もしヘッドアップを克服することができれば、安定したストロークを身に付けることができますよね。

2.ヘッドアップをしない練習方法
ヘッドアップをしない練習方法として、頭を壁に付けてストロークする方法があります。この練習をすると頭を動かすことができないため、体の軸が固定されてストロークを行う時に腕と肩を振り子のように動かして一定のリズムで打っていけるようになるのです。 この練習を行うことにより体が左右にブレることもなくなるため、安定したストロークを身に付けるためには効果的です。

3.体の左サイドを使う
体の左サイドを使うこともヘッドアップを抑えるためには重要です。左目の下にボールを置いて、カップまでのラインを確認する時も左目を使います。ボールを打った後も右目を使わずに左目を使うようにすることでヘッドアップしにくくなるため、ヘッドアップしやすい方はこの練習方法が効果的です。 これらの練習法を使って日々練習を重ねておくといざ本番のラウンドで、ヘッドアップしてしまうミスも防止できるでしょう。

また、体が左右にブレることも防止してくれるので正しい安定したストロークが身に付きます。もし、ご家族や仲間の方が一緒にいる場合は頭を押さえてもらってストロークの練習を行うと良いでしょう。この練習法を習慣にしていけば本番のコースでのここぞという大切な時にヘッドアップしてしまうというミスも克服できるでしょう。


ゴルフ上達のための様々なゴルフ練習法を学ぶ ⇒ ゴルフ練習法3(自宅)