自宅で上達する練習法1


2個のボールを同時に打つ練習法
正確で安定したストロークを身に付けたい方、上手くラインを出したい方には2つのボールを同時に打つ練習法が有効です。

まず、2個のボールを打ってみて、2個とも真っ直ぐ転がれば安定したストロークで打てていることになります。その時にヘッドの芯に近い方に当たったボールの方が強めに転がるはずです。しかし、2個のボールのうち、どちらかが、真っ直ぐ転がらずにブレて転がってしまうようであれば、フェースが開いているか閉じていることになります。

フェースが開いて当たっている場合には、フェースの下に当たったボールが先に転がり始めて、且つ、転がりも強くなり、フェースの上に当たったボールは斜め上に転がっていき、転がりの強さも弱くなります。

反対に、閉じて当たっている場合には、フェースの上に当たったボールが先に転がり始めて、且つ、転がりも強くなり、フェースの下に当たったボールは斜め下に転がっていき、転がりの強さも弱くなります。

もし、このようにどちらかのボールが左右にブレてしまう方は、ヘッドを低く長く出していくように打っていく練習をするようにしましょう。この練習法を繰り返すことによって自分のストロークの癖を掴むことができるため、安定したストロークを掴むことができるはずです。


ゴルフ上達のための様々なゴルフ練習法を学ぶ ⇒ ゴルフ練習法2(自宅)