ドライバーでスライスしない打ち方


1.グリップはフックに握る
スクエアグリップやウィークグリップで握っていてスイングが振り遅れるとクラブフェースが開くためスライスが発生しやすくなります。それほどグリップは重要です。このようなスライスを防ぐため、初めからフックグリップで握り、手首を返さずに打っていくこともひとつのホイントです。

2.ボールはかかとの線上よりも内側に置く
・また、グリップの握り方だけでなくボールの位置も重要です。ドライバーの基本は、左足のかかと線上にボールをセットするのが一般的です。しかし、スライスを回避する打ち方ではボールはかかとの線上よりも内側に置くことが有効です。 ボールの位置よりも外側に置けば置くほど、左肩をしっかり捻転しなくなるため、クラブのヘッドが外側から下りてきてアウトサイドインの軌道になりやすくなり、スライスが発生しやすくなります。もし、スライスを絶対に出したくないホールではボールを内側にセットしましょう。そのように置くと、スイングがインサイドアウトの軌道になり、クラブヘッドが外側から下りてくるため、スライスが出にくくなります。

3.腰を少し高い位置で構える
インパクトの時に体が伸び上がってしまうこともスライスの原因の一つです。 それを防ぐためには、猫背にならずに背中は伸ばして前傾の角度を保つようにして構えるようにします。そして、お尻を出して腰を少し高い位置で構えるイメージが重要となります。


ゴルフ上達のためのリカバリー法を確認する ⇒ フェアウェイウッドのスライス対処法