ベアグラウンドから上手に打つ方法


1.ベアグラウンドからのボールの打ち方
ベアグラウンドからはボールをすくい上げて打とうとすると、ダフってしまうか、 クラブが地面に跳ね返されてトップになるミスに繋がってしまいます。 そのため、地面とボールの間に隙間のないベアグラウンドでは、 直接ボールをヒットしなければなりません。
打ち方は、まずグリップは通常通り握り、ハンドファーストに構えます。 このようにハンドファーストに構えることで、ダフったりトップになったりするミスは なくなりますので、ボールをクリーンにヒットしていくことができるはずです。 そして、スイングは、左足体重にして、そのままのウエイトでクラブを上から下方向に 振っていきましょう。

2.ベアグラウンドからのアプローチの打ち方
ベアグラウンドからのアプローチでは、ランニングアプローチで転がしていきましょう。 この場合でも、ボールを直接クリーンにヒットすることが重要になってきます。 まず、クラブは先程と同様に、ハンドファーストに構え、左内ももの前に持ってきます。 そしてスタンスは若干狭めにして、左足を引いてオープンスタンスで構えます。 ウエイトは、少し左足体重にして、シャフトと左手とが一直線になるように構えることができると ベターです。 スイングは、グリップエンドがスイング中もおへそを向いていることに注意しながら しっかり身体の回転で振っていきます。 振り抜いた後、グリップエンドがおへそを向いているかしっかり確認して下さい。


ゴルフ上達のためのリカバリー法を確認する ⇒ ロブショットの打ち方上達法