ゴルフ上達法のお勧め情報を紹介していきます


コース写真

ゴルフ上達のためには

ゴルフはミスをどれだけ少なくすることができるかと言われるスポーツです。ミスをしてもそのミスを楽しむようになれればゴルフがとても楽しくなるはずです。しかし、毎回ミスをするごとにイライラしていたのではせっかくのゴルフが全く楽しくないものになってしまいます。まずはミスすることを前提に、最悪のミスを想定して、一番良い結果までを考えてその幅の中でゴルフマネジメントを考えていくとゴルフが楽しくなるのではないでしょうか。

アマチュアの人は、一か八かに近い状況であっても一番良い結果しか考えないことが多いような気がします。常に自分が思い描いた最高の結果が出ると信じて打っていきます。
例えば、アマチュアの人がボールを林の中に打ち込んだとしましょう。林の中からもグリーンが見えていますが、グリーンを狙うためには正面の木の枝の間を抜けて打っていくしかありません。その枝を避けないとグリーンまではとてもじゃないが届きません。可能性が半々だとしたらアマチュアの方は最高の結果を信じてグリーンを狙っていくでしょう。

その反面、トッププロは一か八かということはまずしません。その場は無理せずに一度フェアウェイに出してから次のショットで勝負します。一打の重みをよく分かっているからです。今よりも最悪な状況になる可能性があるとするならば、その状況を避けてコースマネジメントを行います。

このようにミスを前提にしてゴルフマネジメントを考えていく意識でいると、ミスを楽しめるようになってくるのではないでしょうか。そのように考えることがゴルフ上達の近道だと思います。

ゴルフの理屈を知っているだけでゴルフの上達に近づく

アマチュアゴルファーなら綺麗なスイングをしたい、良いスコアでラウンドしたいとった気持ちがあるでしょう。そのために、時間とお金を使って、ゴルフ雑誌を読み、練習場へ通って上達に向けて励みます。そしていざラウンドした結果、思うようなスコアがでなくて自分の技術が足りないことに落胆することもありますよね。

ゴルフというスポーツは、止まっているボールを打つ競技です。動いているボールを打つ野球やテニスとは違って、科学的なスポーツと言われています。ですので、何も難しいことはありません。スイングする時の身体の正しい動かし方やボールが飛んでいくメカニズムや、パッティングにおける攻略法など、数値的に証明できることや知識といて知っていればスコアが良くなる方法を知らないだけなのです。

ゴルフの上達には経験が必須ですが、野球、テニスやサッカーなどのスポーツには欠かせない人並み以上の優れた運動能力や反射神経や動体視力は必要ありません。物理学やスポーツ心理学といった学術的な知識があれば、ボールへの力の伝え方やパッティングラインの読み方だけでなく、精神的なプレッシャーの対処の方法などを知ることができ、それだけでとてつもないスピードで上達することができるのです。また、運動生理学の知識があれば、身体に大きな負担をかけずに自分が持っている力を最大限に生かしてそれをボールに伝えられるようになります。

それでもやはりゴルフの上達には、経験は必要です。それなりの数のボールを打たないといけませんし、時間とお金をかける必要がありますが、ただボールを打ち続けただけのスイングが無駄のない美しいスイングである保証はありません。 しかし、先に述べた物理学、運動生理学の知識やスポーツ心理学といった学術的な知識によって理にかなったスイングを知った上で、経験を積むことができれば、とても早いスピードで上達することができるのです。 当ホームページは、ただやみくもに練習するのではなく、練習する時のポイントや上達法を情報として提供していきます。


ゴルフ上達のためのリカバリー法を確認する ⇒ トップとダブリを直す打ち方